お役立ち記事 仮想通貨 仮想通貨 取引所

[中華系仮想通貨「TRON」(TRX)トロン]とは?「Zaif上場」が確定中?「BINANCE」で購入!!アリババとの提携は?

投稿日:2017-12-30 更新日:

中華系仮想通貨「TRON」(TRX)トロンとは?日本取引所上場が確定するのか?

追記:

トロンの技術ディレクターのLucien Chenさんによると、メインネットの公開時期が「7月1日」から「5月31日」に前倒しされるようです!

もともと、テストネットは、本番公開前にテスト期間を設けて、本番同様の検証を行い、そこで検出されたトラブルを本番公開前に修正するためのものですが、このタイミングでメインネットの公開時期が前倒しになった、ということは、開発がかなり順調に進んでいる、という証拠ですね!

後は、個人的な意見ですが、トロンのジャスティン サン氏のツイッターのフォロアーに「zaif」がいるのが引っかかっていますけどね。

3月28日 追記:

オォー、tron(トロン)が目覚めたー!!

「トロン」週足チャート 

 

「トロン」日足チャート 

 

 

TRON(トロン)がスキャムと呼ばれている理由は何か?

TRONはスキャム(詐欺)だという噂がありますが、その理由は3つの疑惑によるものだと考えられます。

 

TRONの創業者であるJustin Sun氏のTRON売却疑惑

2018年1月5日、海外の大規模なインターネット掲示板Redditに「Justin Sun氏が持っている60億TRXをTRONを売却したのではないか?」という投稿がされました。

 

その内容は「Justin Sun氏のものと思われるウォレットを確認したところ、TRX(トロン)をETH(イーサリアム)に換えてから換金している形跡があったという内容のものでした。

 

しかしこれについて、Justin Sun氏はツイッターでそのウォレットが自分や財団のアカウントではないということを説明しています。

 

The Reddit account is not my account and also foundation account. It belongs to our private investor and market maker. We don't have an account in @GeminiDotCom. The market maker uses an account to trade and increase the liquidation of #TRX not sell $TRX.
Justin Sun(@justinsuntron)

 

TRONのホワイトペーパーの盗作疑惑

2018年1月にTRONのホワイトペーパーが他のホワイトペーパーの内容を盗作していたという検証記事(英語)が上がり、大きな話題になりました。

 

それについて、Justin Sun氏は「原本は中国語で書かれており、英語版のホワイトペーパーはボランティアによって翻訳されたもので、参照元の記載漏れなどが原因である」という説明をしています。

 

現在、TRONのホワイトペーパーは中国語版のみが公開されており、そのホワイトペーパーでは盗作されているものはなく、問題ないことが判明しています。

 

開発コードの信憑性

2017年12月にGithubでTRONのソースコードが公開されました。

 

しかし、記載されているソースコードを検証した一部の方からTRONの開発コードが中身のない未完成なものなのではないかという疑惑が上がっています。

 

TRONの開発は前述のとおり10年の開発期間を要する大きなプロダクトであるため、現在の価格と開発段階に差があるのではないかとの声もあります。

 

 

3月3日 追記:

ジャスティン・サン氏は先日、SNSでトロンのメインネット開始を前倒しするという重要な発表をしました。トロンの多くの支持者は、このニュースに喜んでいます。しかし一方で、トロンの技術チームが、メインネットの開発、テスト、立ち上げに十分な時間を割けるのか疑念を抱く人も一部いるようです。これはそんなトロン開発チームへのインタビュー記事です。(この記事はWechatのアカウントJinribizhidaoによってMedium上に公開されました。)

 

Q:トロンの創業者であるジャスティン・サン氏は、最近、トロンメインネットのリリース日を前倒しすることをツイッターで発表しました。リリース予定日はいつですか?

Lucien Chen(L.C)氏:現在、テストネットのリリース日は3月31日で変わりません。メインネットのリリ―ス日は7月1日から5月31日まで早まりました。

Q:テストネットはどのような機能を果たしますか?

L.C氏: テストネットは、基本的なチェーンが持つべきすべての機能を備えています。フルノードの実行、カスタマイズされたデジタル資産の配置、トランザクションの送受信、投票およびデータのチェック等です。

Q:ブロックチェーンネットワークの立ち上げは繊細なプロジェクトで、体系的な取り組みが必要です。どのようにこれを早めることができたのですか?

L.C氏:顧客ニーズの優先順位の分析をもとに、メインネットの全機能を段階的に評価しました。5月のメインネットの起動には、テストネットと優先度の高い機能のすべての基本機能が含まれます。優先度の低い機能は、メインネットリリース後、バージョンアップの形で展開されます。

Q:トロンのアーキテクチャ=は何ですか?

L.C氏:トロンには、貯蔵層、中間層、アプリケーション層を含む3層構成となります。ストレージ層では、ブロック貯蔵と状態貯蔵を含むトロン固有の分散貯蔵プロトコルを設計しました。基礎となる貯蔵の設計では、実世界の多様なデータ貯蔵のニーズを満たすために、「グラフデータベース」という概念を導入しました。

中間層では、スマートコントラクト、アカウント管理、承認などのモジュールを設計しました。スタックベースの仮想マシンを実装し、命令セットを最適化しました。より優れた開発者にDappsを提供するために、Javaをスマートコントラクト言語として選択し、今後は他の先進言語をサポートします。さらに、トロンの承認アルゴリズムは「DPOS*」といくつかのニーズを満たすイノベーションに基づいています。(*Delegated Proof of Stake. BitsharesやLiskでも使用される承認アルゴリズム)

アプリケーション層では、開発者はインタフェースを使用して豊富なDappを簡単に制作でき、ウォレットも実装できます。最後に、トロンのコントラクトはグーグルプロトコルバッファーによって完全に定義されており、元より多言語の拡張機能をサポートしています。

Q:トロンメインネットの主な技術的特長は何ですか?

L.C氏:トロンは、より高いTPSを達成するために洗練されたPOS承認を採用しています。もう一つの特長は、高性能なメインネット上で起動されるキラーアプリです。トロンチームはプロダクトの基本技術だけでなく、UXにも多くの労力を注ぎました。

Q:ユーザーはプライバシーにますます注意を払っています。トロンはユーザー情報を保護する仕組みを備えていますか?

L.C氏:ゼロ知識証明とリング署名技術を使ってモジュールを開発しています。また、ユーザーの匿名性のニーズを満たすために、プロトコル層に匿名プロトコルを追加する予定です。トロンの拡大に伴い、さまざまなユーザー、開発者、シナリオに基づいてあらゆる種類のニーズに対応するための新しいテクノロジーを追加します。

Q:トロンメインネットとBTC、ETH、EOSの簡単な比較はできますか?

L.C氏:誰もがBTCについては詳しいでしょう。BTCはPOW承認アルゴリズムを使用します。最新のハッシュレートは現在「25EH / s」に達し、採掘の難易度はますます高くなっています。ETHは、最も人気のあるブロックチェーンスマートコントラクトプラットフォームであり、現在POWメカニズムを使用しており、今後POSに移行します。

EOSはまだ正式にメインネットをリリースしておらず、DPOSアルゴリズムを使用しており、スマートコントラクト機能を備えています。

トロンのデザインとアイデアはEOSとよく似ていますが、本質的な違いがあります。EOSはすべてのニーズを満たすためのプラットフォームです。トロンは汎用性に重点を置くことはせずに、コア機能の最高化に努めます。

Q:安全と効率は相反しますか?安全性を確保しながらネットワーク効率を向上させる方法はありますか?

Evan氏:技術的には、セキュリティ、効率性、分散化の3点は同時に達成できない物です。分散型の前提条件の下では、より高い効率はより低いセキュリティをもたらします。しかし、セキュリティは攻撃を防御する能力だけでなく、人々がネットワーク全体を心理的に受け入れることにも関係します。効果的な経済モデルによって、組織全体と各個人の安全性を向上させることができ、同時に効率性は保証されます。

Q:開発者にとって、トロンのメインネットのどのような機能が魅力的なのでしょうか?

Marcus氏:2点あります。
1つはマーケティングとメンテナンスの観点です。トロンはTRXを使用して開発者がトロンのメインネットワークの改善と拡大に参加するよう促します。2つ目は、技術的な観点です。トロンはネイティブにJAVAをサポートするため、JAVAコミュニティの膨大なメンバーがトロンコミュニティに自由に参加することができます。

Q:プログラミングスキルのない一般の支持者にとって、トロンメインネットをどのように理解したり、使うことができますか?

Marcus氏:トロンチームのビジョンは、トロンを完成されたエコシステムにすることです。完成エコシステムは、開発者だけで構築できるものだけではありません。そのコンテンツは様々な形で存在します。プログラミングスキルを持たないユーザーも、エコシステムの重要な部分です。私たちのマーケティングチームは、一般の支持者がトロンコミュニティの形成に参加することを奨励する多くの活動を計画しています。そして、すぐに目にすると思います。トロンの最新ニュースと最新情報を追ってください。

Q:現在、トロンの技術チームは何名いるのですか? チーム拡大の予定は?

L.C氏:現在、トロンの技術チームは約50人体制です。そして急速に拡大しています。7月1日までに更に80人加わる予定で、そのうち80%はAlibaba P6以上です。トロン開発プロセスの加速は、優秀な技術者の参加によるものです。トロンは、作業プロセス全体をスピードアップするために、才能あるスタッフを集めて技術力を向上させる努力は惜しみません。
技術革新の他にも、トロンは事業会社への関与や良好なコミュニティの形成によって、世界中でプラスの影響を与えています。プログラマーはコードと提案をGithubを通じてチームに提供しています。

トロンのテクニカルディレクター、L.C氏は、「優秀なソフトウェアエンジニアだけでなく、様々な分野で関与してくれる外国の友人たちの支援とサポートに感謝します。そして常に彼らがトロンチームに加わるチャンスがあります。」

ジャスティン・サン氏は以下のように発言しました。「これまでのところ、トロンはテクノロジーのプロセス、グローバルコミュニティの運営、宣伝活動など、スムーズにビジネスを展開してこれました。今年の目標は、チームの強さを向上させ、ブロックチェーンの問題を解決し、最終的には独自の技術的優位性を形成することです。メインネットの立ち上げはトロンの重要な転換点であり、その後、ブロックチェーン技術に基づく分散型エンターテインメントシステムの目標を達成し、個人と価値の真の自由を実現することになるでしょう。」

「トロンはブロックチェーンをベースとした分散型プロトコルです。ブロックチェーンと分散型台帳を使用した世界中のエンターテインメントシステムを構築することを目指しています。ここではユーザーがデータを公開して記録できます。分散型の自律的なシステムを通じて、デジタル通貨の発行、流通、取引の仕組みが、コンテンツの流通、購読、プッシュを承認し、最終的に分散型エンターテインメントのエコシステムを形成します。」

 

トロン「TRX」は、CoinMaketCap.comによると、時価総額ランキングで15位、約30億ドルの仮想通貨です。毎日の平均取引高は300万ドルで、世界中で約50,000人がTRXを所有しています。

 

CoinMarketCap twitter

[TRON] weekly report  

https://medium.com/@Tronfoundation/tron-weekly-report-02-03-02-09-japanese-version-168189bfce65

 

2018年3月2日追記:

今日はTRON(TRX)トロンの良いニュースが2つも舞い込んできました!!ひとつは米大手取引所Bittrex&韓国大手UPbitへ立て続けの上場!そしてもうひとつはメインネットリリースの詳細が発表されました。

 

2018年3月1日追記:

上場速報です! LBank_Exchange に上場

's will be listed on . The deposit and withdraw of and TRX/ETH will be opened on 18:00 February, 28, 2018 ( GMT+8 ).

Tron Foundation twitter

2018年1月28日追記:

合計1億2000万ユーザーを抱えるSNSを持つGSC(Global Social Chain)との戦略的提携を発表しました!

TRONは資金面、技術面、インフラ面で協力し、GSCは自社のアプリケーションをTRONに最適化するようです。ICOは2月ですが、Airdropは始まっているようです。ここから参加できます!

詳しい提携内容はこちらStrategic Partnership between TRON and GSC Makes One Hundred Million Users Get Access to TRON Network

 

2018年1月24日追記:

Tronの創設者Justin Sunは最近、3月31日にExodusと呼ばれる主力のベータ版がリリースされると発表しています。これは、Tronが他のプラットフォームから独立して市場でより魅力的になる独自のブロックチェーンを構築することを意味します。

 

2018年1月13日追記:

  • 複数の取引所へ上場すること、法的な書類はすべて提出したこと、各社がこぞって自分たちの取引所へ真っ先にTRONを上場させようとがんばっていること。ソースはこちらになります。

Summary of live stream with Justin.」「im watching this live stream from his chinese twitter,hes tired lol

 

2018年1月14日追記:

Justinからも金融庁への書類が完了した旨の報告がありました!どこの取引所に上場するか楽しみです。

 

2018年2月13日追記:

週次レポート「Tron weekly report 02.03–02.09 Japanese version」に衝撃の一文がありました。

え?QRYPTOS(Japan)。。。QRYPTOSはICOと仮想通貨のトレードをするサイトで、日本からは登録することができませんしかし、その運営元が、QUOINEという会社で、何を隠そうQUOINEXを運営している日本の会社になります。QRYPTOSはQUOINEの海外向け事業という位置づけですね。ただ、どこまで本当か知りませんが、下記のような話もありますので、QUOINEXに上場しそうですね。

 

次世代のデジタルのエンタメでのプラットフォームになる!

 

u-n うーん、イケダさん、情報通も推しですなー。それはともかくとして、まず筆者が魅かれたのは、こういったビジネスモデルが他にはないことです。これ大事です。

 

 

次世代のデジタルのエンタメでのプラットフォームは、非常に人気が出そうなのは分かってますし、仮想通貨購入の多い日本でもなじみが深いですからね。後は、取引所「Binance」ということです。BINANCEの取引量でもトップクラスの「Tron」は、短期でも長期でも期待が出来るコインです。

 

仮想通貨の海外取引所「Binance」(バイナンス)の登録・使い方、メリット・デメリットは?


チャンスありだと思います。

最新の仮想通貨レート: tron

2018/01/04 22:52:58更新    1tron=27エンくらい

仮想通貨「Tron」(トロン)概要は?

通貨コード(シンボル) TRON(TRX)

発行開始 2017年08月01日

発行上限 100,000,000,000 TRX

現在の流通量 10,066,908,392 TRX

公式サイト  tron

 

TRON(トロン・通貨単位;TRX)とは、世界中の無料コンテンツエンターテイメントシステム構築を目的とした中国発のブロックチェーン分散プロトコルです。

 

創業者はJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、1000万人以上のユーザーをもつ音楽ストリーミングサービス『Peiwo』のCEOでもあり、各ユーザーが自由に、自分自身のデータを開放、コンテンツの配信、サブスクリプション型の課金方法などを決定することが可能です。

TRON(トロン)は取引開始時点では0.2円で推移していましたが、2017年12月には45円以上を記録しており80倍まで価格を上げています。TRON(トロン)が価格高騰させた理由としては大きく4つありますが、今回は高騰理由をご紹介していきます!

現在、TRON(トロン)を購入するには、「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。

TRON(トロン)の買い方・購入方法は?

TRON(トロン)は、現在国内取引所で購入することはできません。TRON(トロン)を購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」HitBTC(ヒットビーティーシー)イギリス)の大手仮想通貨取引所。から購入する必要があります。

購入方法は以下の通りです。

1,「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録

2,国内取引所でビットコインなど購入する

3,海外取引所Binance(バイナンス)に登録する

((Binanceの登録・送金方法などこちら)

4,海外取引所へビットコインなどを送金する

5,TRON(トロン)を購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば短時間で購入することが可能です。

Binance(バイナンス)の入金方法を説明します。

Binance(バイナンス)での入金方法は、まず、Binance(バイナンス)にログインして、「資産」という項目から「預金の引き出し」をクリックしてください。

 

すると、このような画面に移ります。。

ここから、入金したい仮想通貨銘柄の「預金」ボタンをクリックしてください。

 

そうすると、この画面になり、入金用のアドレスが表示されます。

このアドレスをコピーし、送金元の取引所で送金する際のアドレス指定欄にペーストし、送金処理をします。これで、Binance(バイナンス)に指定された金額が入金されます。

Binance(バイナンス)の出金方法を説明します

その前に、Binance(バイナンス)で出金を行う際の注意点が一つあります。それBinance(バイナンス)での出金は「二段階認証」が済んでいないとできないということに注意してください。「Google Authenticator」による二段階認証を終わらせてから、Binance(バイナンス)の出金を行うようにしましょう。

 

Binance(バイナンス)での出金は、先ほどと同じように「資産」→「預金の引き出し」をクリックします。そして出金を行う仮想通貨銘柄の「お引き出し」ボタンをクリックしてください。

その後、画面にて送金したい取引所のアドレスを打ち込みます。「利用可能」と書かれている部分に、出金したい金額を入力し、「提出する」ボタンをクリックしてください。そうすると、登録をしたメールアドレスに、出金の確認メールが来ますので、そこにあるURLをクリックして出金を完了してくださいね。

Binance(バイナンス)の入金方法と出金方法の注意点まとめ

Binance(バイナンス)で入金や出金を行う際の注意点は?

Binance(バイナンス)は中国の仮想通貨取引所ということもあって、最初のうちは入金や出金が慎重になると思います。実際、Binance(バイナンス)に何種類かの仮想通貨銘柄を入金してみると、通貨の銘柄によってかなり着金時間に差が出るようです。

 

仮想通貨は取引所の仕組みだったり通貨の保有量だったりで、取引スピードも異なります。ですから、Binance(バイナンス)に入金する際は、銘柄によって入金確認ができるタイミングがズレる可能性があることを覚えておいてくださいね。

 

また、、Binance(バイナンス)にビットコイン(BTC)を入金する時ですが、ビットコイン(BTC)はただでさえ入金スピードが遅くなってしまいがちなので、Binance(バイナンス)に入金するときも時間に余裕を持って対応した方が良いみたいです。

Binance(バイナンス)から他の仮想通貨取引所への出金の時も、ビットコイン(BTC)での遅延があるようです。 これは、ビットコイン自体の取引スピードに問題がありそうです。

最後に、Binance(バイナンス)の出金停止に関してです。

「仮想通貨取引所」などでは時々出金停止などのメンテナンスが入ります。日本の仮想通貨取引所ではそうしたメンテナンスや緊急出金停止などの緊急連絡も入れやすいのですが、Binance(バイナンス)は中国の仮想通貨取引所ですので、出金停止タイミングの情報取得が少し難しいかもしれません。そういう時は、Twitter(日本:非公式)で情報を検索するようにしてみてください。

 

TRON(トロン)の高騰理由について

TRXが価格を上げた理由として挙げられるのは、

①「日本取引所上場への発言」②「Bitmain創業者ジハン・ウー氏の出資③「中国三大取引所OKEx上場発表」④「oBike(オーバイク)提携」⑤「Alibaba(アリババ)と連携」の5つです。

①日本国内取引所上場へ発言した。

12月25日にはJustin Sun(ジャスティン・サン)氏はツイッター上で、「日本国内取引所への上場のために、日本の金融規制当局に上場申請つもり」とアナウンスしました。

Justin Sun氏のtwitterには「Zaif」がありました。

 

国内取引所でTRXを扱うとするならば、仮想通貨交換業の申請が完了しており、

様々な通貨を扱っている「Zaif(ザイフ)」「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」などが想定されますが、まだ確定ではありません。

②Bitmain創業者ジハン・ウー氏が出資したこと

ジハン・ウー氏とは、世界最大のマイニング企業である「Bitmain」創業者です。ビットコインの価格はマイナーによって影響されますが、その点においてか仮想通貨業界でもトップの影響力をもつジハン・ウー氏が出資したとなると、有力なプロジェクトとして十分認識できます。

③「中国三大取引所OKEx」に上場

また、「TRX」は、中国三大取引所OKEx上場を発表しており12月22日から取引が開始される予定です。

④シンガポール発自転車シェアリングサービス「oBike(オーバイク)」との提携した

また、12月24日には、シンガポール発自転車シェアリングサービス「oBike(オーバイク)」との提携を発表。現在、「Obike」は20カ国以上で1000万人以上のユーザーが利用する自転車シェアリングサービスであり、『Peiwo』のユーザーと合計するとTRONネットワークは約4000万人以上となります。

中国でのバイクシェアリングの始まりと現在

引用:https://note.mu/uhouhodon/n/n42d9c62e2586

最初も2社、終わりも2社独占。中国でバイクシェアリングが始まったのはつい2-3年くらい前からです。私が聞いたのは環境汚染改善の為政府主導で始まり、政府からの出資も強くたくさんの企業が参入してきました。ただやはり支払い等のインフラで強力なテセント(QQ、wechat)が始めたmobike、アリババ(アリペイ)が始めたofo、この2社の独占場でした。

他にも60社以上が参入して何故他が撤退、倒産が相次いでしまったのか。それは個人資産管理が現在スマホユーザーの殆どがアリペイとwechatに依存しているからです。他の60社を超える企業は結局アリペイやwechatを介さないとユーザーに利用してもらえない状況で勝てる訳ありませんでした。

そして自転車の設置数、これは上海に限った事では無いですが目を瞑って歩いていても必ずofoかmobikeの自転車にあたってしまうと言っても過言では無いくらい普及しています。あとofoに関して言えばやり方はかなり巧妙です、わざと安い鍵を使用して壊しやすく、パスが変わらない物にして数カ月の間ユーザーへタダで利用させていたのです。これは何を意味しているかというと、洗脳に近いマーケティング手法です。ユーザーに「出かける=ofo」の概念の植え付けに成功しました。

その後数カ月後リアルタイムで暗証番号が変わりアプリを使用しないと開錠できない物へ徐々に変わっていきました。ただ、ofoより安い物が出ても他へ変えようとする人はほぼいません。このユーザーへの習慣付けはどんな市場でも一番重要視されている事です。そしてこのofoの社長、みなさんご存知の通りトロンのパートナーにいます。

引用ここまで

⑤「Alibaba(アリババ)」と提携

TRON創業者のJustin Sun氏は、アリババの創業者であるJack Ma氏が個人的に設立した大学に招待されたが年間約40人の学生のみが受けられるJack Ma氏の講義コースに合格している。

TRONはJack Ma氏が創業したアリババのサービスであるAliexpress(アリエクスプレス)で利用可能なることを2017年12月15日に発表。Justin Sun氏とJack Ma氏が提携すれば、TRONの利便性が高まるため価格は一気に高騰する可能性があるとおもわれている。

 

仮想通貨の海外取引所「Binance」(バイナンス)の登録・使い方、メリット・デメリットは?

 

仮想通貨「Tron」(トロン)の詳細情報は?

①『Peiwo』CEO「Justin Sun」(ジャスティン・サン)が創業

TRON(トロン)は、1000万人以上のユーザーをもつ音楽ストリーミングサービス『Peiwo』のCEO「Justin Sun」(ジャスティン・サン)氏はが創業しています。

②Bitmain創業者「ジハン・ウー氏」も出資している

TRON(トロン)は、世界最大のマイニング企業であるBitmain創業者「ジハン・ウー氏」が出資しているプロジェクトです。Omisegoなどもそうですが、開発・マーケティング観点でもかなり有利に働くことになります。

③非営利団体の開発チームがサポートしている

TRON(トロン)は、オープン性、公平性、透明性の原則でトロンネットワークを運用することを主な目的とする非営利団体であるシンガポールのTron Foundationが運営しています。
トロン財団は、会計および企業規制当局の承認を得て、シンガポールの会社法の監督および規制の下で設立されています。

また、非営利団体として設立されているため、公的または私的利益のための活動を支援し、関与する商業的利益を持たない法人が運営しており、財団のメンバーは、利益の分配に決しては関与しない仕組みになっています。

 

 

TRON(トロン)のコアバリューとは?

①ユーザーがデータ所有権を持つこと

②トロンに貢献する者は、規則に従って利益を得ることができること

バリュー・ネットワークは、デジタル、ソーシャルメディアネットワークで何かを創造出来ることに最大の利点があり、トロンの規則に従いながら利益を得ることが十分可能です。

③すべての形式の寄付は、同等の量的価値であること

④一般の人々にサービスを提供すること

トロンは、非営利団体が運営するエコロジーとして、利益を得る目的ではなく世界中のコンテンツエンターテインメントを楽しむ大衆に役立つように設計されています。すべてのトロン参加者は、繁栄の恩恵を受けることができるよう設計されています、。

⑤コンテンツは、支配されず利益のために利用されるべきではない。

コンテンツは、人々を支配するのではなく、人々から派生しなければなりません。創造的、文化的産業は、コンテンツクリエイター、アーティスト、脚本家による芸術とコンテンツの質の追求によって主に推進されるべきである。これは、プラットフォーム運営者による搾取システムの問題を指していると思われます。

プラットフォームによっては利用料がかかります。この収益がコンテンツ作成者にもしっかり分配されていれば問題ないのですが、現状そうではありません。むしろ、コンテンツの管理費用のような名目で、クリエイターからも利用料を徴収しています。クリエーターはコンテンツに見合った報酬を受け取ることができていません。

TRONのロードマップ

1 Exodus(エクソーダス)

分散型ストレージの土台を作る。「IPFS」という技術を用いる。予定期間は2017年8月から2018年12月。

2 Odyssey(オデッセイ)

3 Great Voyage(グレートボヤージュ)

期間は2020年7月から2021年7月まで。

4 Apollo(アポロ)

TRONネットワーク上で発行できる独自トークン関連。2021年8月から2023年3月までを予定。

5 Star Trek(スタートレック)

オンラインゲーム関係のコンテンツのブロックチェーン化を実現する段階。2023年4月から2025年9月を予定。

6 Eternity(エターニティ

ビデオゲームをブロックチェーン上に乗せる段階。2025年9月から2027年9月まで。

便利な「Changelly」(チェンジリー)はどうやって使うのか?チェンジリーのメリット・デメリット、通貨数は?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

以下 付録  [tron HP :  translation  翻訳]

[Tron]

TRONは、ブロックチェーンと分散ストレージ技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指したブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。 このプロトコルは、各ユーザが自由にデータを公開、保存、所有することを可能にし、分散された自律的な形態で、コンテンツの配信、購読およびプッシュを決定し、デジタル資産をリリース、流通および処理することによってコンテンツクリエイターを可能にし、生態系。1000万人以上のユーザーを抱えるPeiwo Appは、最初のTRON互換エンターテインメントAPPになります。

 

[tron Foundation]

トロンのチームメンバーは、発明の瞬間からの議定書が小グループの利益を上げるツールではなく、人間にとっての資産であると確信しているTim Berners-Lee卿の信者です。 したがって、TRONは、TRONの開発チームをサポートし、オープン性、公平性、透明性の原則でTRONネットワークを運用することを主な目的とする非営利団体であるシンガポールのTron Foundationを設立しました。

トロン財団は、会計および企業規制当局(ACRA)の承認を得て、シンガポールの会社法の監督および規制の下で設立されています。 これは、独立行政法人から独立した独立した経営と運営のために、適格受託者によって形成された理事会または理事会によって運営されている。

シンガポールは、安定した確立された法律と金融環境で有名です。 シンガポールに設立された非営利団体であるTron財団は、シンガポールの法律に基づき、公的または私的利益のための活動を支援し、関与する商業的利益を持たない法人です。 財団が取得した「利益」は余剰とみなされ、他の活動やイベントの組織と実施のために保持されます。 財団のメンバーは、利益の分配に決して参加しません。

 

[トロンの価値]

TRONの設計の初期段階では、以下のコア値が常に守られています。1.作成者(ユーザー)はデータの基本的な所有権を持ち、インターネットは分散化する必要があります。 これは、インターネットが生まれた時の医師のティム・バーナーズ・リーとインターネットの創造の本来の意図によって提案されました。2.生態学的なトロンに貢献する者は、規則に従って比例的な利益を得ることができる。 バリューネットワークは、ソーシャルネットワークとメディアネットワークで何かをデジタル的に活用する最大の利点を持っています。3.すべての形式の寄付は、同等の量的価値でなければならない。 実質的には、参加者が投資した時間、優れたコンテンツが作成され、注目されるのは、完成した首都と同等のメジャー値です。

TRONの基本的な目的は、一般の人々にサービスを提供することです。 TRONは、非営利団体が運営するエコロジーとして、利益を得る目的ではなく世界中のコンテンツエンターテインメントを楽しむ大衆に役立つように設計されています。 すべてのTRON参加者は、繁栄の恩恵を受けるでしょう。

5.コンテンツは、人々を支配するのではなく、人々に報いるために使用すべき資本ではなく、人々から派生しなければならない。 文化や創造的な産業は、コンテンツを消費しない資本家ではなく、コンテンツクリエイター、アーティスト、脚本家による芸術とコンテンツの質の追求によって主に推進されるべきである。

 

[トロンの特性]

分散型コンテンツプロトコルとして、TRONは集中型インターネットと比較して次の4つの基本特性を備えています。データの解放:無料で無制限に、文字、写真、オーディオおよびビデオを含むコンテンツをアンロードし、保存し、広めることができる。コンテンツ有効化:デジタル資産はコンテンツの提供と普及を通じて得られ、したがってコンテンツ生態学の実現を経済的に刺激する。

パーソナルICO:デジタル資産をICOの形態で自由に流通させることができますが、デジタル資産を購入することでデータ寄稿者の継続的な発展によりもたらされる利益とサービスを他の人が享受する可能性があります。 インフラストラクチャ:分散型デジタル資産では、分散型交換、自律型ゲーム、予測およびゲームシステムを含む、分散型インフラストラクチャの完全なセットが装備されます。

インフラストラクチャ:分散型デジタル資産では、分散型交換、自律型ゲーム、予測およびゲームシステムを含む、分散型インフラストラクチャの完全なセットが装備されます。

 

[TRONIX- TRONの公式トークン]

 

TRONの公式通貨はTRONIXです。 TRONIXはTRONのブロックチェーンの基本単位です。 他のすべてのトークンの値は、TRONの値から導かれます。TRON電源(TP)TPがロックされています。 ユーザーはTRONIXをロックすることでTPを取得できます。 TPは本質的に議決権を有するTRONIXであり、これはTP保有者が生態系においてより多くの特権を有することを意味する。

TRON 20 TOKENコンテンツ所有者(IP、個人、およびグループ)は、TRON 20標準を使用して自由にデジタル資産を発行することができますが、これらのデジタル資産を購入することにより、?

 

[計画]

1.出国
データ解放
ピアツーピアおよび分散コンテンツに基づいたアップロード、保存、および配布の仕組み。
Exodusフェーズでは、分散ストレージテクノロジに基づいて、TRONはデータの発行、格納および配布のための完全に自由で信頼性の高いプラットフォームをユーザーに提供します。

2.オデッセイ
コンテンツエンパワメント
経済的インセンティブ、エンパワーメント、コンテンツエコロジー、ブロックチェーン技術は、コンテンツ制作、流通、普及のための公正なリターンで、完全に競争力のある経済メカニズムを作り出します。 したがって、個人は励ますことができ、コンテンツに権限が与えられ、システムの境界が絶えず拡張されます。

3.大航海
個人のICO
TRONは、ブロックチェーンの利点を基に、所得の測定、配当の支払い、サポーターの管理の3つの主要な問題を解決し、ファン経済からファンファンドへの大きな転換を実現します。

4.アポロ
個人向けの価値のない集中化されたトークン取引の自由な移動
TRONシステムの各コンテンツプロデューサが独自のトークンを発行できるという目標を達成するためには、システムには集中化されていない取引のための完全なソリューションが必要です。 集中化されていない取引プラットフォームを確立することにより、システムの価値、財産権、リスクを自由に交換して交換することができ、システム全体の経済的活力を幾何学的倍数で高めることができます。

5.スター・トレック
トラフィックの収益化 - 非集中化と市場予測のゲーム
2014年に世界のゲーム市場の規模は4,500億ドルを超えました。 TRONコンテンツプラットフォームによってもたらされるトラフィックは、非集中化のためのオンラインゲームプラットフォームを構築することを可能にする。 開発者は、TRONを通じて自由にオンラインゲームプラットフォームを構築し、完全に自律的なゲームを提供し、市場機能を予測することができます。

6.永遠
トラフィックの変換 - 集中化されていないゲーム
2016年には、グローバルビデオゲーム市場が96億6000万ドルに達し、そのうちの電話ゲーム市場の規模は46億ドルで42%でした。 TRONは、オンラインゲームプラットフォームを確立する可能性を提供します。 開発者は、TRONを通じてゲームプラットフォームを自由に設定し、ゲーム開発のための群衆資金を獲得し、共通投資家がゲームに投資することを可能にする。

   [パートナー]

 

「追記」

トロンウイークリージャーナル

TRON Weekly Journal  

TRONのプロジェクトは順調に進んでいます。先週の状況をサポーターに報告したいと思います。

Tronの開発進捗状況

  1. 署名アルゴリズムでは、技術チームがEd5519署名の横にEd5519署名のサポートを追加しました。次の手順は、Lamport署名アルゴリズムを完了することです。
  2. 財布のプロトタイプを実現し、シングルウォレットの創造と持続をサポートしました。
  3. トランザクション構造は、PBに基づいて定義され、トランザクションの作成と永続化を実現しました。
  4. ブロックのPBフォーマット定義を最適化し、トランザクションリストを追加しました。
  5. 対応する新しい機能のユニットテストケースを提供しました。
  6. プロジェクト開発環境の文書化を完了しました。
  7. Tronラボは、混乱に基づいたブロックネットワークの研究を行い、HyperLedgerのトランザクションプロセスとスマートコントラクトのソースコードを分析しました。
  8. トロンの人事部は積極的に募集とチーム構築作業を行い、多数の履歴書から面接の候補者を選抜しました。
  9. Tronは11月23日、Maorong LinとXiaodong Xieの2人のベテラン開発者がチームに加わったと発表しました。彼らはインフラストラクチャ構築、コーディングを担当し、CTO Lucien Chenに報告する予定です。Xiaodong Xieには3年間の技術開発専門知識があります。以前はLeEcoのエンジニアとして働いていました。彼はライブウェブキャストとオンラインエンターテイメント技術開発に深い知識と経験を持っています。彼の専門知識には、JavaとGoがあります。Maorong Linには4年間の技術開発専門知識があります。彼は以前、いくつかの中国のインターネット商取引会社で働いていました。彼の専門知識には、Linux上のJavaとPython、システムインテグレーションが含まれます。

コミュニティ活動1. TRONはライブストリームを保有しています。ライブストリーム中に賞金があり、55,000人以上がライブストリームを視聴しました。

  1. Twitterでは、我々は "写真コンテスト"活動を開催し、強力なフィードバックを受け、数百の画像を受け取り、18人が賞を受賞した8人がTRXを獲得し、10人がTシャツを手に入れた。海外コミュニティでは、意識を高め、より忠実なファンを獲得する。
  2. 11月22日には、モントリオールのMLG団結トロンは「ブロックチェインに参加する方法を学ぶ」というテーマで開催されたブロックチェン愛好者のうち、約175人が集まりました。MLG x TRONモントリオールミートアップ。Blockchain CanadaとMLG Blockchainの創設者兼CEOであるMichael Gordは、先進的なブロックチェーン企業であり、急速に進化するこの領域での見通しであるTRONを発表しました。Concordia Fintech Societyの共同設立者であるEvan Brown氏は、新しいTRXトークンに興味を持っていました。「TRONは将来的に進化する可能性のある素晴らしい新しいトークンのように思えるし、ここからどこへ行くのか楽しみにしている」とブラウン氏。イベントが彼に肯定的な印象を残したと言っても間違いありません。会合中、海外のファンにはお土産としてTシャツとTRXが与えられました。

市場取引1月20日、Tronはgate.ioに上場。2. 11月22日、TRON-TRXの公式トークンは、韓国で4番目に大きな取引所であるCoinnestに移転することができます。3月24日、TronはBit-Z交換に掲載されます。

TRONは現在、以下の取引所で取引しています。COOLCOIN: www.coolcoin.com(オーストラリア)HITBTC: www.hitbtc.com(イギリス) EtherDelta: www.etherdelta.com Binance: www.binance.com(日本)Gatecoin:www.gatecoin.com(香港)CoinEgg:www.coinegg。 com(イングランド)ゲート:gate.io

TRONとは何ですか?

TRONは、ブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテイメントシステムを構築することを目指す、世界をリードするブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。このプロトコルは、各ユーザが自由にデータを公開し、保存し、所有することを可能にし、分散された自律的な形態で、コンテンツの配信、購読、およびプッシュを決定し、デジタル資産をリリース、流通および処理してコンテンツクリエイターを可能にし、エンターテインメントのエコシステム。

トロンの格付けと市場価値TRONの流通市場上限は、170,155,262ドル(Coinmarketcap.com)であり、世界で37位(トーナメント所有者は2017年5月5日)であり、1日あたりの取引量は4,000,00 USドル。

-お役立ち記事, 仮想通貨, 仮想通貨 取引所
-, , , , ,

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.