仮想通貨 仮想通貨 取引所

「仮想通貨」QASH(キャッシュ)とは?その特徴、価格、チャート、取引所とは。またQUOINE社の「LIQUID」(リキッド)プラットフォームとは?

投稿日:

 

「仮想通貨」QASH(キャッシュ)とは?その特徴、価格、チャート、取引所とは。またQUOINE社の「LIQUID」(リキッド)プラットフォームとは?

 

仮想通貨取引所 QUOINEX(コインエクスチェンジ)が行うICOとして注目されている、仮想通貨のQASH(キャッシュ)について紹介します。

当サイトが推奨する仮想通貨取引所のはこちら

コインチェック(coincheck)【アルトコインの取り扱い数No.1】

ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所】

ビットフライヤー(bitFlyer)【セキュリティ重視型】

GMOコイン【大手で急成長中の取引所。取扱通貨も拡大中】

 

「仮想通貨」QASH(キャッシュ)とは何だ?

通貨名 QASH(キャッシュ)

通貨略号 QASH

公開日 2017年11月

発行上限枚数 1,000,000,000 QASH

取り扱い国内取引所 QUOINEX(コインエクスチェンジ)

取り扱い海外取引所 Bitfinex(ビットフィネックス)

公式サイト QASHの公式サイト

ホワイトペーパー QASHのホワイトペーパー

QASH(キャッシュ)の価格推移・チャート

リアルチャートを見てみる

QASH(キャッシュ)の基本情報は?

仮想通貨取引所を運営するQUOINE社のLIQUID(リキッド)プラットフォームで、発行されるトークンの名前がQASH(キャッシュ)となります。

2017年11月6日にトークンセール(ICO)が開始され、11月8日に終了しました。

11月21日から、QUOINEXとQRYPTOS上で売買が可能になる予定となっていて、2017年12月時点では、すでに売買が可能となっています。

ICOは、最小50,000,000 QASH、最大350,000,000 QASHが売り出される計画で開始されました。

販売期間は、当初の予定から大幅に短縮されて、たった三日間になったにもかかわらず、初日でほぼ発行上限額まで達するほどの盛況ぶりでした。

同時期に国内ICOとして話題になっていたCOMSA(コムサ)が、1カ月かけて109億円を調達したことと比べると、いかに人が殺到していたかがわかります。

 

QASHの価格は、1 QASH=0.001 ETHに固定されていますが、トークンセールは2割引ですので、1QASH=0.08 ETHで購入できるというもので、最低500QASHからの購入となっていました。

QASH(キャッシュ)の特徴は?

QASHはBitfinexに上場

QASHは、まず初めにQUOINEXとQRYPTOS上で売買できるようになるのですが、Bitfinexでも売買が可能です。

QASHは、どのような機能なのか?

QASH自体が特別な機能をもっているわけではなく、『LIQUID(リキッド)プラットフォーム』で使われる通貨としての価値をもちます。

LIQUIDプラットフォームがなにかというと、QUOINEのHPでは、下記のように説明されています。

QASH『LIQUID(リキッド)』プラットフォームとは

LIQUID(リキッド)プラットフォームについての動画

 

「QUOINE」は、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約。

更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、「QUOINE LIQUIDプラットフォーム」ユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします」

つまり『仮想通貨同士を交換するプラットフォームになる』ことを目指しています。

なぜそのようなものが必要かというと、現在の仮想通貨取引の問題として、マイナーな通貨は取引所ごとの価格差が大きすぎるということがあります。

取り扱い通貨は、取引所ごとに違いがあります。

また、取引量も違うため、取引所ごとにそれなりの価格差が出てきてしまいます

そのような理由から、マイナーな仮想通貨を売買したいユーザーは、自由な売買がかなり制限されていました。

そういった問題を解決するために、いろいろなプロジェクトが立ち上がっていて、QUOINEのLIQUIDプラットフォームはそのうちの一つです。

似たようなサービスでは、

Changelly(チェンジリー)というものがあります。

「QUOINE」とは?

QUOINEについての動画

 

「QUOINE」は、仮想通貨取引所であるQUOINEX(コインエクスチェンジ)QRYPTOSを運営している会社です。

元々はシンガポールに本社がありましたが、2016年から日本に本社を移転して活動をおこなっています。

QUOINEは、金融庁にも仮想通貨交換業者として正式に登録されており、信頼性は高い取引所です。

今回のQASHのICOにより、国内の仮想通貨取引業者としては、世界初のICOとなりました。

QUOINEXとは別に、「QRYPTOS」という仮想通貨取引所を日本ではなく海外に向けて展開しています。

また、QUOINEは、『B Cryptos』という会社が設立するICOファンドにもサポート役として参加することになりました。

B Cryptosは、日本の有名VC(ベンチャーキャピタル)である『B Dash Ventures』が、仮想通貨への投資やICOコンサルティング事業を行うことを目的に設立した新会社です。

このように、QUOINEは、ほかの会社との協力も積極的に進めています。

なぜ「仮想通貨市場に流動性を供給する新世代の金融サービス」が必要なのか?

 

多くのトークン発行者がサイバー攻撃、ハッキング、詐欺にあっており、数百万ドルもの盗難が発生しています。

これは、現行のICOプラットフォームには、ユーザーが資金を入金および購入するための適切なセキュリティ対策を講じられていないためです。

現在、殆どのトークンセールは、トークン発行者が公表する単一のETHアドレスに送金することを促されます。

適切なKYCチェックなしで購入者ETHアドレスからトークン販売者のETHアドレスに資金が移動するため、その公表ETHアドレスがなりすましやハッキングされると、トークン購入者は誤ってハッカーのアドレスに仮想通貨を送金してしまい、二度と取り戻すことができません。

これらのことがQASHトークンセールで起こらないよう、トレーディングプラットフォームQRYPTOS/QUOINEXを通じてICO トークンセールを実施することにより、すべてのトークン参加者に安心で安全なプロセスを保証する厳重な予防措置を講じています。

流動性(LIQUIDITY)はあらゆる産業の生命線であること

 

今日の仮想通貨経済において欠けている。最も重要な要素の一つを供給します。

流動性は世界中に散らばっており、アクセスが不可能な状況です。

・先進国市場:先進国では、一部通貨ペアで流動性はあるものの、その国の居住者のみしか利用できず、流動性がスタック。

・新興国市場:そもそも自国通貨が安定せず、仮想通貨との流動性は存在しない。より大きな流動性プールと依存しなければならない。

QUOINEは、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約します。

更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、QUOINE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします。

 

-仮想通貨, 仮想通貨 取引所

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.