仮想通貨

「NEM」ネムの特徴と機能の強みは?電力事情、スマートコントラクト、プラットフォームについて

投稿日:

「NEM」ネムの特徴と機能の強みとは?

 

NEM(ネム)の特徴。NEMPoI(Proof-of-importance)という構造の強みとは?

NEMはPoI(Proof-of-importance)という構造を使っています。

これによって(ビットコインやイーサリアムと違って)、NEMは電力をほとんど消費せず、そしてよりセキュリティ上堅牢なものになっています。

マイニングにおいて(ビットコインやイーサリアムのマイニングと違い)、ネットワークの維持のための膨大な電力を必需としません。

簡素で安価な、例えばラズベリーパイのようなコンピュータでも、NEMのノードとして実装することができます。(ラズベリーパイとは、3$~ほどで販売されている小さいコンピュータのこと。電力をできるだけ消費しない。)

PoIの仕組みの助けで、NEMをただ単に貯蓄するだけでなく、実際にNEM使うことも容易になります。

NEM(ネム)の特徴。セキュリティ上の強みとは?

NEMはさらにセキュリティも優れています。

EigenTrust++というノードの重要性の決めるためのアルゴリズムを採用しており、それがネットワークのセキュリティを著し強力にしています。

これは他の暗号通貨にはないユニークな特徴です。

さらに局部的スパム防止の技術を用いているため、ネットワークの処理能力が限界になったときに、スパムを試みるノードのみをシャットダウンさせることができます。

これも他の暗号通貨にはないNEM独特の特徴の一つです。

NEM(ネム)の特徴。設計上の強みとは?

さらにNEMは2つの層を念頭に置いて設計されています。

この設計の恩恵で、もしあなたがウォレットを使用たいとき、完全な機能を持ったノードやブロックチェーンのコピーを必要としません。

ノードに接続しさえすれば、信用に関係なく、全部の機能を使うことができるのです。

ここで「セキュリティ上安全なので悪意のあるノードが手持ちの資金に手をつけれない」としても単純に「ネットワークは維持し続けられるのか」と疑念を抱く人がいるかもしれません。

そのためにNEMの開発者チームはスーパーノードプログラムを創ることで、何年にも渡ってメンバーがノードおよびネットワークを維持する理由を与えています。

NEM(ネム)の特徴。改良された機能とは?

NEMが優れているのは、セキュリティサイドだけではありません。

多くの新しく、改良された機能を持っています。

ビットコインと異なり、マルチシグネチャアカウントがブロックチェーン上に記録されるため、マルチシグネチャアカウントを持つのにサードパーティの信頼を第一条件としません。

イーサリアムも緻密なにスマートコントラクト機能を持っていますが、自分自身で記述する問題があります。

すなわちそれは開発者のみができることです。

さらに上のEtheruemのセクションでも言及したように、正しくスマートコントラクトをプログラムとして書くことはこの上ないに難解なことです。

NEMは数回のクリックで、マルチシグネチャコントラクトを作ったり編集したりすることができます。

NEM(ネム)の高度な機能、「モザイク」とは?

さらに高度な機能が、「モザイク」というものです。

これはビットコインでいうところのカラードコインと似た構造で動きますが、100パーセントにブロックチェーン上で実装されます。

従ってサードパーティの信頼を欠かすことのできないません。

これらのカラードコインの名称は「ネーム・スペース」(インターネットでいうところのドメイン名)に基づいています。

一度ネームスペースが創られると、誰も等質のものを創ることはできません。

さらにネームスペースの持ち主は、無限にサブドメインを作ることができます。

 

普通プラットフォームというのは、メッセージ機能が欠かせません。

NEMは暗号化されたまたは暗号化されていないメッセージをアドレス間で送り合うことができます。

開発者向けに16進数のメッセージも利用可能です。

「仮想通貨」(NEM)ネムのカタパルトがリリースされる時期はいつ?2018年に予定される最新情報、特徴、価格は?NEM.io財団の代表ロン・ウォンとは?

NEMはスーパーノードを動かしている個人に対して報酬を与えている

イーサリアムやビットコインは、ブロックチェーンのブロックを生成したマイナーに対して報酬を与える一方で、ノードを起動させ続けることやネットワークのスループット(処理能力)を助けることに対しては、普通報酬などの理由を全く与えていません。

 

NEMはその点スーパーノードという高機能なノードを動かしている個人に対して報酬を与えています。
(このスーパーノードのおかげでライトウォレットがフルスピードかつ万全のに機能します。)

これらの報酬は、NEMネットワークのブロックが初期に生成されたタイミングに確保されていたもので、数年間計画されていたものでした。

また、このスーパーノード用に確保していた報酬を渡し終えた以後も、絶え間なくネットワークを維持する理由があります。

10,000XEMを持っている人々は誰でも、ハーベスティングノードというノードを作ることができ、トランザクションのコミッションを得ることができます。

(受け取れるコミッションの数量は、PoIの構成によって決められるノードの「重要度」に基づいて決められます。)

さらに、多量の電力を消費する高いなマイニングマシーンを買う必要性はなく、NEMのハーベストには、ラズベリーパイのような簡素なコンパクトコンピュータで十分です。

NEM(ネム)は世界初のプライベートブロックチェーン

私たちは、世界初の、プライベート/パブリックブロックチェーンであり、Linuxを作るために使われたのと同じ環境を使っています。

(Linuxとは、OSの一種であり、最もセキュリティ上安全なOSとしてワールドワイドに受け入れられています。)

NEMは経験豊富な開発者によって開発され、はじめから拡張性と安定性を重視して作られてきました。

さらに私たちはいま、金融グループでの耐久テストを受けて金融機関での実用性を認められた世界で唯一のプラットフォームです。

他の暗号通貨もテストそのものはされてきましたが、その立証例は一つも共有されていません。

一方、私達のすべての検証は、皆に見えるように答えをオープンにしています。

NEMは「JSON/restfulAPI」を提供し、APIが使用できる

NEMはさらに、ブロックチェーン上にサードパーティが作られることをできるなかぎり容易にします。

ビットコインのようなプラットフォームでは、大部分ののサードパーティの開発者は、基準的なサービスを使わざるを得ません。

(例えばCoinbaseやBitpayを使うなどです。)

そうなると、サードパーティの開発者たちは、構築やアップデート、APIの維持をするために、これらの基準的なサービスに頼ることになってしまいます。

イーサリアムでは、それぞれの開発者は、自分特有ののスマートコントラクトのためのコードを書くため、多用途で柔軟性がありますが、先ほどから述べているように、セキュリティ上失敗はできないという大きなリスクが伴います。

NEMはその点、充実かつ扱いやすい「JSON/restfulAPI」を提供しており、開発者たちは、すべてのトランザクションモデルで使える、ネットワークの全ノードが使えるAPIを使うことができます。

今まで述べてきたこれらすべての機能をは100%独自のコードで作られており、ビットコインやイーサリアムの欠点をカバーしています。

それだけでなく、その2つのプラットフォームの強みも取り入れることもできます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

NEM(ネム)のプラットフォームの強み

安全(SECURE)である

ノードの重要性を評価するためのアルゴリズム

「EIGENTRUST++」を使った世界初のプラットフォーム

 

インフラサーバとクライアントの2層設計

-ネットワークを使うためににブロックチェーンを同期する必要性がない

 

局所的スパム防止のアプローチにより、スパムノードのみをシャットダウン可能である

 

スーパーノードプログラム

スーパーノードに報酬を与えることで、ネットワークを何年も維持する理由を与えている

 

堅固(ROBUST)

コーディングをすることなく、ブロックチェーン上に信頼なしのマルチシグネチャアカウントを作成できる

「ネームスペース」を使うことで、アドレスを使わずXEMを送れたり、固有ののコインを作成できる

「モザイク」と呼ばれる独自のコインをNEMブロックチェーンに作成し、トークンを発行できる

暗号/非暗号/16進数のメッセージを使用することができる

小型コンピュータでもハーベスティングによって報酬が得られ、NEMネットワークが維持される

 

安定(SOLID)

100%固有ののコードで書かれており、ビットコインからの派生でない

「PROOFOFIMPORTANCE」によって、電力や資本量でネットワークを維持するわけではない

ネットワークを利用するための使いやすいAPIを提供

細密設定なしに、基軸通貨である「XEM」を使って、小さなトランザクションコミッションを払うことができる

拡張性と安全のためのインフラサーバ(NIS:NemInfrastructureServer)を誰でも動かすことができる

 

-仮想通貨

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.