お役立ち記事

年金を増額する方法と、年金にたよらない「生き方」について

投稿日:

先日、

「GPIFの2017年10~12月期の

公的年金の運用実績が、6兆円を超える黒字」

との報道がありました。

http://chive-ex.jp/Lxj13175/13711

珍しくポジティブなニュースですが、でも、これだけ黒字を出していても年金の厳しい状況は基本的に変わらないでしょう。

いずれ年金は崩壊するものだと考えておくべきです。

ただそうは言っても、年金制度が完全に崩壊することは、それはそれで考えづらいことですし、少額であろうとももらえる限りは一円でも多く年金を受け取りたいですよね。

そこで、本日は始めに年金受給で損をしないためにおさえておきたい「受給開始年齢」に関するポイントを共有しておきます。

年金は放置しておいたら勝手に振り込まれるものではなく、自分で選択しなければいけない部分もありますのでぜひ参考にされてください。

 

年金は●●歳で受け取ると損?

年金受給は、原則何歳から開始されるかご存知でしょうか?

65歳ですね。

ただ、原則65歳から開始されますがご自身のライフプランに合わせて、60歳から70歳の間で受給時期を選択することが可能です。

60歳から65歳までの間に受給を開始すると、早めに年金をもらえる代わりに1ヶ月あたり0.5%減額されます。

一方で、

65歳から70歳までの間に受給を遅らせると受給が遅くなる見返りとして1ヶ月あたり0.7%増額されることになります。

例えば1年遅らせれば1ヶ月ごとに0.7%増額されるので、0.7%×12ヶ月=8.4%増えることになりますね。

5年間遅らせて70歳から受給を開始した場合は、

0.7%×60ヶ月=42%増額されます。

元々もらえるはずだった金額に42%増額された金額を毎月毎月、生涯受け取ることができるのです。

具体的に言うと、もともと月額15万円受け取れる方が受給を5年間遅らせた場合、

15万円×1.42=21.3万円を生涯に渡り、毎月受け取れるということです。

長生きする場合はできる限り受給を遅らせた方がお得になります。

では、70歳から受給を開始する場合、何歳まで生きたら得になるのでしょうか?

正解は82歳です。

82年以上生きれば70歳まで受給を遅らせた方がお得になります。

82歳になる前に亡くなってしまうと

「65歳からもらっておけば良かったのに損した」ということになります。

年金をいつからもらうか、迷うところですね。

寿命は誰にも分かりませんので

「いつ受給を開始するのが最も得なのか」ということは断定できませんが、生活費に余裕があり、健康に自信があるならば受給を遅くした方が良いのかもしれません。

ちなみに、

こちらの制度は今後、変わる可能性があります。

お伝えしたように今は最大70歳まで受給時期を遅らせることができますが、

年齢を70歳以上に引き上げ、さらに受給金額を上乗せる、という案が、月内に閣議決定する予定の「高齢社会対策大綱」に盛り込まれています。

http://chive-ex.jp/Lxj13175/23711

どうなるかまだ分かりませんが、一応気にしておかれると良いでしょう。

異常に低い日本の賃金

冒頭でもお伝えしたようにやはり年金が将来的に事実上の破綻へ向かうことは間違いありませんので「年金もらえたらラッキー!」くらいの態度でいるのが賢明でしょう。

そして年金に頼らなくても生活できるよう、貯金をするなど準備をしておくべきです。

とは言え、貯金するにしてもその資金源が無い方も多いかもしれません。

「給料が上がらなくて貯金する余裕なんて無い」

と苦しまれている方もいらっしゃるとは思いますが・・・

実際、

株価は上がっているのに給料は上がっておらず実は世界的に見ても日本人の賃金は異常なくらい押さえつけられています。

先日放送されたクローズアップ現代において東京大大学院の渡辺努教授が

「この16年間に欧米では賃金は1.5倍くらいになっているのに、日本は変わっていない」

と話していましたが、まさにG7各国の中でなぜか日本だけ名目賃金が下がっている状況なのです。

昨年公表された2016年度の日本企業の内部留保は全体で400兆円を超え、過去最高を更新しているにも関わらず、です。

日経平均株価は堅調に推移しているのに会社員に利益が還元されていない、という現実があります。

もちろん、賃金上昇の兆しが全く無いというわけではありません。

「はっきり申し上げて3%お願いしたい」

と安倍首相は賃上げに関して明言し、それに応える形で経団連は「春闘経営側指針」において

具体的な賃金引き上げ率に関する言及をしています。

また、厚生労働省によると17年1~9月の賃金は前年同期に比べて2.27%上昇とのこと。

ユニバーサルスタジオジャパンは約7700人のパート・アルバイトの時給を一律で110円増やしたそうです。

(1月23日付・日経新聞より)

このように、少しずつ賃金上昇の傾向も見られます。

しかし、やはり16年間に賃金が1.5倍くらいになっている欧米と比べれば雲泥の差であり、

日本企業の文化を考慮すれば給料がこれから劇的に上がることはまず考えられません。

ですから、これからの時代は自分で稼ぐことも考えなければいけません。

時代の流れとして企業が副業を容認し始めており、企業が社員を一生面倒見る文化は事実上崩壊しています。

では、会社とは別に稼ぐために何をすべきでしょう?

どんな副業でもあなたに合ったものを選ぶことが大切だとは思いますが、自分としては、

最も効率良く稼げてしかも脳が機能している限り生涯に渡り利益を稼ぎ続けられる方法は「株」をおいて他に無い、

と考えています。

「脳」の仕組みを利用せよ

でも、

「株の勉強をしたいとは思っているけど、仕事で忙しくて帰宅したらもうぐったりで結局なかなか勉強をする時間が取れない」

とおっしゃる方もいるでしょう。

そんな方に1つ、脳科学の観点からアドバイスをさせていただきます。

こんな脳の仕組みをご存知でしょうか?

実は、脳は実際の肉体的限界のはるか前に疲労のサインを出して動きを止めようとします。

例えばマラソンなどの耐久系のスポーツで肉体的疲労を感じている人の身体には一切不都合な点が見当たらないそうです。

つまり、

「最初に感じる疲れは、脳が偽造した嘘」

ということですね。

ですから、「もう疲れた」と思った時に1分でも2分、もう少しだけ頑張ってみるのです。

すると、思っていた以上に頑張れたりします。

お金のメンタルブロックを外す方法できない本当の理由

きっとこのことは多くの方が経験則として理解できることだと思いますが、未来の利益のため、少しだけ限界を超えて頑張ってみてください。

一つの壁を越えることがでるでしょう。

ネットで確実に収入を得るために当然知っておくべきことは?

安全なクリック先です。 安心してクリックください。

長期投資と、デイトレードの両方で利益を出すためのビットコイン投資法を公開します。

 

 

ネット教材プレゼント!!

登録はいつでも解除できますので、安心してご登録ください。

-お役立ち記事

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.