仮想通貨

「仮想通貨」TRON(トロン)TRXは、第二のリップルになれるのか?それともトロンはスキャム?

投稿日:2018-04-27 更新日:

webbotが予測している「2018年暴騰銘柄にリップル、dash,スカイコインなどがある!!

5月2日追記:

 

スポンサードリンク

 

WebBot(ウェブボット)4月以降の価格予測

・ビットコイン5月から最高値更新
ビットコイン年末10万ドル到達
中国の規制が強まる
5月にリップル暴騰
・5月下旬からビットコインキャッシュが超暴騰
夏頃に革命、世界中がビットコインに注目
DASHは8〜10月頃政府が絡み急騰する。
2018年中にスカイコイン高騰
仮想通貨人口が1%から13%に増加
ネオは春からのSNSキャンペーンによって上昇する
イーサリアムが大きく乱高下する
今年イーサリアムは上昇するが、今年半ばと秋頃にスマートコントラクトに深刻な問題が見つかる
モネロが春以降に高騰する
リップル・モネロは仮想通貨の全体的な上昇の波に乗って上昇する
リップルは2018年に3ドルを目指すが価格操作に注意
・リップルは値動きが読みやすくトレーダー向け

 

 

 

【仮想通貨】5月Webbotウェブボット予測的中で暴騰確定リップル・ビットコインキャッシュ!!

 

 

トロンが約1.8億円相当のエアードロップ実施!?メインネットは6月に予定されていることが。

トロンのAirdropの内容とは!?

トロンは、3000万TRXトークンのAirdropを発表し、総額$160万(約1.7億円)相当のトークンを配布することで注目を集めています。

そのAirdropは、自身のウォレットに1ETH以上を保有するイーサリアム所有者に対し、10~100TRXがランダムに配布され、イーサリアムコミュニティへの感謝及び、宣伝の意味合いが込められています。

 

イーサリアム所有者への善意の姿勢

トロンは、ERC20トークンとしてイーサリアムネットワーク上で発行されましたが、2018年6月中旬にメインネットを構築し、独立を計画しています。

現在、5月31日に向けてテストネットの構築が進められています。

 

発表された3000万TRXトークン(現在の価格で約1.8億円)のエアードロップは、ERC20の段階でサポートを受けたイーサリアムコミュニティに対し、感謝の気持ちとして配布されるようです。

さらに、もう一つの目的として、イーサリアムコミュニティに属する人々に対し、トロンネットワークの宣伝の意味も含まれています。

2018年1月1日以降でパブリックレジャーに1ETH以上を所有している人達を対象に、10~100トークンのTRXがランダムに配布されます。

 

現在の価格換算からすると、$160万(約1.8億円)相当のairdropが行われる予定です。

トロンのERC20からの離脱の意味とは?

トロンは、ERC20トークンとしてイーサリアムネットワーク上で発行されましたが、その限界や、各種のトラブルを回避するため、2018年6月中旬に「メインネット」を構築し、独立することを計画しています。

そのトークンの変換は、各取扱取引所にて行われる予定で、”Super Representative”という新しい簿記方式も取り入れられる予定です。

イーサリアムはトロンの初期段階において無くてはならない存在だった。

その理由により、トロンは感謝の敬意を示し、airdropを行うことを決めました。

 

しかし、イーサリアムプラットフォームの使用において、トロンは多くの問題や限界に直面しました。

それらの問題を解決するために、イーサリアムネットワークから独立するのです。

 

「仮想通貨」リップルはブリッジ通貨であり、手数料が安く両替も早い

トロン【TRX】がスイス『Bancor』(バンコール)で60種類以上の「TRXペア」が利用可能になりました。

BNTのトークンを発行している、スイスの分散型仮想通貨取引所『Bancor』(バンコール)でTRON(トロン)が基軸となる取引が可能になりました。

今回で60種類以上のトロン「TRXペア」の取り扱いが開始します。

これにより、トロン「TRX」と多くの通貨を直接交換が可能になり、TRXの市場価値が大きく上昇すると思われます。

正確な通貨ペア数は取り扱い通貨により変動します。

こちらよりご自身でご確認ください。

www.bancor.network 

 

 

 

『Bancor』(バンコール)とは?

バイナンスにも上場している通貨の1つ『BNT』トークンの発行元です。
分散型仮想通貨取引所「DEX]を運営しています。

分散型仮想通貨取引所(DEX)とは?

バイナンス「binance」ビットフライヤーなどの中央集権型取引所とは真逆で、取引所自体も分散型システムで管理しその価値をユーザー同士で担保します。

また、仮想通貨ごとのシークレットキー(秘密鍵)をユーザー個人で管理するため取引所のハッキングリスクが減ります。

また取引手数料も格安なのが特徴です。

バイナンスも将来的には、DEX化を目指しエンジニアを集めるなど動いています。

 

「Bancor」バンコール ツイート

「ツイートの内容訳:」

TRON(トロン)が只今より、Bancor Network(バンコールネットワーク)に接続されました。TRON(トロン)が他の通貨と接続しバンコールのすべての取引ペアで取引が可能になります。
$TRX/$ETH, TRX/$EOS, TRX/$OMG を始めとする、60種類以上の通貨ペアが存在します。

 

スポンサードリンク

 

 

[Justin Sun(トロン) のコネクションの図]

安全なクリック先です。 安心してクリックください。

長期投資と、デイトレードの両方で利益を出すためのビットコイン投資法を公開します。

 

 

ネット教材プレゼント!!

登録はいつでも解除できますので、安心してご登録ください。

-仮想通貨

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.