仮想通貨

「最新ニュース!!」仮想通貨リップル(XRP)に買いの好材料!?ウォルマート(walmart)でMoneyGram(マネーグラム)提携によるxrapidで、国際送金サービスを開始 した、その影響とは?!

投稿日:2018-04-04 更新日:

 

5月2日追記:

インドの仮想通貨取引所「koinex」が、XRP(リップル)のペア通貨を8つ追加した。

エター二ティ(AE)、イオス(EOS)、ゴーレム(GNT)、ライトコイン(LTC)、NCASH、オミセゴー(OMG)、リクエストネットワーク(REG)、トロン(TRX)

 

 

ヨーロッパ、アジアの五社がxViaを利用するパートナーになる

fairiFX,rationalFX,exchange4free,Unipay,moneymatch

 

サンタンデール銀行がXcurentを利用する

国際決済サービス「santaner one pay FX」を開始する。

 

 

4月27日 追記:

【仮想通貨】5月Webbotウェブボット予測的中で暴騰確定リップル・ビットコインキャッシュ!!

 

 

今回の「Walmart2World」と呼ばれる世界的な送金サービスのポイントは?

Walmartは、Walmart2Worldと呼ばれる世界的な送金サービスを開始している。すでにWalmart2Walmartとして知られている国内のプラットフォームがある。小売業者は、約200億人の世界中の人々にサービスを提供することを目指している。

Walmartは、MoneyGram Internationalと提携して、Walmart2Worldと呼ばれる世界的な送金サービスを開始します。この動きは、約4年前に開始され、アメリカの銀行化されていない人口にサービスを提供する国内のマネーサービスを拡大します。米国のプラットフォームであるWalmart2Walmartは、お客様が国内でWalmartの各地間で資金を送金し、一度に2,500ドルも送金することができます。新しいWalmart2Worldにより、顧客は200カ国以上の人々に資金を中継することができます。

 

 

 

Walmart ServicesのKirsty Ward副社長はCNBCとのインタビューで、「われわれはおそらく、この事業で本当にできることを実際には過小評価していただろう、語る。

Walmart2Worldでは、世界銀行のグローバルFindexデータベースが非銀行として分類される約20億人の世界中の人々にサービスを提供することを目指しています。通貨の一般的な使用には、請求書の支払いや海外の家族や友人への送金などがあります。新しいサービスは、スピードと低価格、安定した価格で競合他社を打ち負かすことを目指しています。

Walmart2Worldは個人に$ 4を請求して$ 50、$ 8を$ 51〜$ 1,000、$ 16を$ 1,001〜$ 2,500を送信します。また、他の国際移転サービスとは異なり、Walmartの手数料は送信者と受信者の場所に関係なく同じです。

ワード副社長は、「透明で透明なメニューボードの価格設定」がイニシアチブにとって重要だと語る。Walmart2Worldはまた、3日ほどかかる可能性のあるサービスとは異なり、10分以内に資金を提供することを約束しています。世界中のMoneyGramの代理店ネットワークは、Walmartが常に存在するとは限らない人口に役立つのに役立ちます。

このイニシアチブにより、最終的にウォームマートの店舗への通行量が増加し、売上高が増加する可能性があります。「われわれは、顧客がどのようにしてお金を節約できるかに基づいて買い物客を選ぶことが大好きです...彼らがウォルマートで彼らの貯蓄を使うことを選択すれば、それは素晴らしいことです。ウォルマートの年間売上高の1%未満は、有線および金銭の送金を含む燃料および金融サービスからのものです。

一方、ウェスタンユニオンやマネーグラムのような企業は、アイデアを中心にビジネスを構築しています。

Eコマース大手のAmazonは伝え銀行口座を持っていない潜在的な買い物客に到達するために異なるアプローチを取るしようとしています。ウォールストリート・ジャーナルは先月、AmazonがJPモルガン・チェースをはじめとする金融機関と早期に協議しており、若い顧客と非銀行顧客を対象とした「小切手のような商品」の販売を手伝ったと報じた。

Walmart2Worldは、Walmartの全米4,700店舗、Walmart.com、今月末のWalmartモバイルアプリに展開される予定です。

4月4日 ブラッド・ガーリングハウスCEO(最高経営責任者)兼代表取締役が語った重要事項とは?

リップル社とXRPにまつわる誤解についてCEOのBradが回答している。

まとめると、

・XRPはリップル社のものではない
・リップル社は収入源はXRP売却益ではない
・時価総額よりも取引量が重要

「リップル」。その送金技術を応用して、金融機関向けに送金プラットフォームを提供しているのはご存知の通り。日本においても、インターネット金融企業のSBIホールディングスと提携してプラットフォームの開発に取り組むなど、すでに全世界で100以上の金融機関と提携している。

現在まで銀行の国際送金を担っていたSWIFT(国際銀行間通信協会)というインフラは、送金手数料が高くかかり、また決済期日に数日間もかかります。さらに、SWIFTは6%の確率で送金エラーが発生してしまうことが分っています。それに対してリップルの送金プラットフォームは、安価で高速、さらに信頼性も高い国際送金を実現することが可能です。しかし、現在あまり普及が進んでいないのは、リップルについて多くの人が誤解しているからです、とブラッド・ガーリングハウスCEOは言う。

また、特に多い誤解は、仮想通貨の「リップル」と、その技術を基にした送金プラットフォームを提供している「リップル社」が同じだと思われていることです。リップル社も多額のXRPを保有していますが、両者は全く別物なのです。

 

「仮想通貨」TRON(トロン)TRXは、第二のリップルになれるのか?それともトロンはスキャム?

安全なクリック先です。 安心してクリックください。

長期投資と、デイトレードの両方で利益を出すためのビットコイン投資法を公開します。

 

 

ネット教材プレゼント!!

登録はいつでも解除できますので、安心してご登録ください。

-仮想通貨

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.