仮想通貨

「仮想通貨」ロックフェラーの30億ドルのベンチャーキャピタル企業が暗号通貨に投資を開始、最新ニュース!![Venrock]「ベンロック」は何をするつもり?

投稿日:2018-04-10 更新日:

 

故ローレンス・ロックフェラーが1969年に創立し、アップルやインテルの巨大化前に投資していた事で知られる「ベンロック」が仮想通貨業界に参入。

ローレンスはスタンダード・オイル創始のジョン・ロックフェラーの孫にあたり、大統領選でオバマへの巨額援助で知られています。

 

スポンサードリンク

 

速報! アメリカのロックフェラー財団が3200億円規模の仮想通貨ファンドを設立するとの情報!

John D. Rockefeller氏の家族によって作成されたベンチャーキャピタル会社Venrockは、暗号化通信に投資しています。

30億ドル規模の企業は、暗号化市場とプロジェクトに投資する予定です。

1969年に設立されたJohn D. Rockefellerの孫は、会社を設立しました。同社は100万ドルの資本金で始まりましたが、複数の成功の後、彼らは巨額の30億ドルの企業に成長しました

Venrockは、非常に成功したスタートアップをする能力で知られています。

NestとDollar Shave ClubはVenrockの顧客であり、数十億ドル規模の企業に成長しました。

Venrockはそのような成功を収めているので、追加される暗号化通貨は大きな兆候です。

彼らは研究を行い、暗号は将来大きなビジネスとなることを発見しました。これは非常に強気な兆候です。多くのベンチャーキャピタル企業がVenrockの足跡をたどり、暗号に投資することになるでしょう。

cryptocurrenciesについて尋ねられたとき、VenrockのパートナーであるDavid Pakmanは興味深い反応を示しました。

彼は、Venrockは短期的な利益に興味がなく、むしろ長期的な暗号の将来に興味があると述べました。

Venrockは将来、私たちの日常生活の一部となる暗号化通信に数百万ドルの賭けをしています。

Venrockは、暗号化業界を専門とするファンドであるCoinFundと提携する予定です。

CoinFundは、ブロックチェーン技術を使用する企業に投資するベンチャーキャピタル企業です。

CoinFundの最大の成功の1つは、最近独自の暗号化を作成した広く使用されているチャットプラットフォームであるKikです。

ロックフェラーのベンチャーキャピタル、コインファンドと提携。

以下、引用で。from https://jp.cointelegraph.com/news/rockefellers-vc-arm-venrock-partners-with-coinfund-exec-highlights-focus-on-long-term

 

ロックフェラー家の公的ベンチャーキャピタルであるベンロックが、仮想通貨投資グループのコインファンドと提携した。仮想通貨とブロックチェーンのビジネス・イノベーションの促進を目指す。フォーチュン誌が6日に伝えた

コインファンドは数々のプロジェクトを支援しており、最近では、ICOプラットフォームを運営するコインリストに投資した。

このほか、昨年秋にはチャットアプリのKikを支援。KikはKinトークンのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で、およそ1億ドル(約107億円)を調達している。

フォーチュン誌によると、ベンロックとコインファンドは、ライブ動画ストリーミング・アプリのメーカー、ユーナウ(YouNow)に共に投資したことから出会った。

ビットコイン(BTC)がこのところ7000ドル以上を堅調に維持できていないことをフォーチュン誌に問われると、ベンロックのパートナー、デビッド・パクマン氏は、仮想通貨投資グループとの提携を決定する際に考慮したのは、「通貨の翌日、翌週、翌月、翌年の価格ではない」と答えた。

以下、インタビュー

「我々は忍耐強い長期の投資家だ[…]5年先、10年先になにが起きるか考えている。全員が参加できる分散型台帳やトークン経済によって、様々な市場に根本的変化を起こすことができるだろうかと考えている」

 

パクマン氏は6日のブログで、仮想通貨とブロックチェーンの最も重要なイノベーションは「持続可能な非中央集権的コンピューティング・プラットフォームとサービス、アプリを構築できる可能性」にあるとして、次のように書いている。

 

「信用や管理機能を中央集権化せずに広く分散したネットワークを構築し、ユーザーの総意で未来を統治することが、ついに可能になるかもしれない[…]

このシナリオにおいては、メッセージングやソーシャルメディアのようなコモディティ・アプリケーションや、ファイルストレージのようなアプリケーション・インフラ、そしてコンピューティングが、まるで公共ユーティリティのようになり、それを参加者が所有し、統治する。我々の多くにとって、これが仮想通貨の背後にあるミッションだ」

 

フォーチュン誌が、先日のセントラ社関連の逮捕のニュースをあげながら、詐欺師によるICOの可能性を問うと、パクマン氏は仮想通貨のエコシステムを、上から下まで未整備なスペースで、中でもICOは最もワイルドなスペースの一つと形容した。

パクマン氏は続けて、邪悪なプレーヤーを一掃するために仮想通貨業界を規制することを支持するものの、全てをひとまとめにしないように注意する必要があると指摘した。

パクマン氏はまた、非中央集権型システムは、いずれは従来のベンチャーキャピタルの資金調達と肩を並べる可能性があるとして、従来のベンチャーキャピタルを、業界への門であり、「実を言えば、消滅するのが見たい」と述べた上で、次のようにつけ加えた。

「どのプロジェクトが資金を調達して順調なスタートを切れるかを、少数の人が決めるべきだとは思わない」

 

コインファンドの共同創設者であるジェーク・ブルクマン氏は、コインファンドは「業界のチームを育て、助言し、サポートするために、ベンロックと緊密に連携を取る」とフォーチュン誌に語った。

かつてはビットコインをバブルと評していた従来型の投資家の大物、ジョージ・ソロス氏も、ソロス・ファンド・マネジメントを通して仮想通貨に投資すると伝えられている。

ソロス氏の投資ファンドは2月中旬、ビットコインを決済手段として受け入れている小売企業、オーバーストックの第3の筆頭株主になった。オーバーストックのパトリック・バーンCEOは、仮想通貨支持派であることが広く知られている。

 

ここまで____________

 

ロックフェラーは、リップル推しやね。

ロックフェラーについて少し

ロックフェラー家族の創設メンバーの1人は、 ニューヨーク州グランジャーで生まれ、 プロテスタントの家族に生まれた実業家ウィリアム・ロックフェラー・シスターだった。 彼には、最初の妻エリザ・デイヴィソン(Eliza Davison)と6人の子供がいて、その中で最も有名なのは、 スタンダードオイルの共同設立者であるジョン・デイヴィソン・ロックフェラーウィリアム・ロックフェラーでした。 オイル・バロンジョン・ロックフェラーは独創的な北バプテストであり、多くの教会に基づく施設を支援していました。 [4] [5] [6]

家族の富 [ 編集 ]

総資産と投資にメンバーの富を加えた家族の豊かな富は、決して正確ではありませんでした。 家族および個人会員の純資産に関する家族アーカイブの記録は、研究者には受け入れられていない。 [7]

当初から、そして今日でさえ、家族の富は、家族のオフィスを通して、王朝の男性メンバーの完全な支配下にありました。 夫の意思決定に影響を与える強い意志の妻(たとえ重要な女性の人物、 Abby Aldrich Rockefeller 、ジュニアの妻など)にもかかわらず、すべてのケースで彼らは手当を受け取り、家族の財産に対して部分的な責任さえ与えられませんでした。 [8]

富の大半は、1934年の著名な家族の信用(第4世代の死によって大部分の財産と成熟している)と1952年の信託に閉じ込められています。チェイスマンハッタン銀行。 これらの信託は、 スタンダードオイルおよびその他の多様な投資の後継会社ならびに家族の相当な不動産保有分から構成されています。 彼らは財産を監督する信託委員会によって管理されています。

この財産の管理は、 ロック フェラーセンターがもはや家族によって所有されなくなった現在、主要な持株会社であるロックフェラー金融サービスを監督するプロのマネーマネジャーに任されています。 現在の議長はDavid Rockefeller Jr.。

 

スポンサードリンク

 

安全なクリック先です。 安心してクリックください。

長期投資と、デイトレードの両方で利益を出すためのビットコイン投資法を公開します。

 

 

ネット教材プレゼント!!

登録はいつでも解除できますので、安心してご登録ください。

-仮想通貨

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.