最新ビジネス

「ドテラ」ブランドのアロマで「風邪」と「インフルエンザを予防する効果的な方法とは?アロマのパワーを知っていますか?

投稿日:2017-09-11 更新日:

ドテラのアロマは「風邪」や「インフルエンザ」の予防にも!今年はアロマパワーで風邪から身体を守る!!

 

寒くなってきたら急に子供たちの間で風邪やインフルエンザがはやり始めます。

保育園で流行った風邪がお兄ちゃんやお姉ちゃんにうつり、

そしてお母さんたちに。家族に受験生がいる家庭では、

インフルエンザの流行のニュースを聞くと不安になりますね。

 

(こんな大事な時に風邪とかひかれたら。。。)

 

そこで、今年は「マスク」「手洗い」に加えて

ドテラアロマの力を試してみてはいかがでしょうか。

 

アロマを使った風邪対策は、西洋では昔から民間療法のひとつとして使われてきました。

アロマオイルには、効果の強弱はあるものの、殺菌や抗菌の機能を持っているものが多く、中でも抗ウイルスの機能を持ったアロマエッセンスは風邪防止に効果があります。

 

また免疫力を上げる働きがあるものは、風邪を引きにくくする身体づくりに役立ちます。

 

今回の記事では、風邪の予防から、風邪をひいてしまった時に効くアロマの効能や使い方について、説明していきたいと思います。

 

アロマテラピストが使用する高級グレードアロマを安く買う方法

 

風邪 インフルエンザ対策に「ドテラ」ブランドのアロマを活用しましょう。

 

まず、エッセンシャルオイルには、強弱はありますが、

殺菌・抗菌作用が期待できるんです。

 

中には抗ウィルス作用が期待できるものもあります。

また、免疫力を高める作用が期待できるという、

素晴らしいエッセンシャルオイルもあります。

 

免疫力とは、自分にとって有害なものを殺したり、無害にする人が持つ力です。

簡単に言うと、抵抗力でしょうか。つまり「風邪をひきにくくなる」。

 

風邪の予防が期待できるということです。

 

伝統的に体を温めるために使われてきた植物もあり、風邪のひき始めや、

もしかして 風邪 かな?と思ったときにはドテラのオイルを使うといいでしょう。

もっと詳しくネットワークビジネスやドテラのアロマについて知りたい方はこちらへおすすみ下さい

ドテラのアロマで風邪やインフルエンザ予防をしてみたら

風邪、インフルエンザににオススメの精油は

ユーカリ、、ティートリー、ラベンダー、レモン、

ペパーミント、マジョラムなどです。

 

これらは抗菌作用も高く、発汗や解熱作用があり風邪の予防や、初期症状に有効ですよ。

ドテラのユーカリプタスの精油で風邪予防してみると

風邪予防に役立つ精油は「ユーカリ」です。

フトモモ科の植物で抽出は葉から取ります。

ユーカリには強い抗菌、抗ウイルス作用が期待できます。
また、ユーカリに含まれる1.8-シネオールという成分はタンを切るのに優れているので、
セキ、ぜんそく、鼻づまりのホームケアに使われることもあります。

とっても使える植物なんですね。

ユーカリプタス

風邪予防に役立つ1つ目のアロマは「ユーカリ」でなないでしょうか。

ユーカリは強い抗菌と抗ウイルス作用があるため、
風邪を身体の中に入る前にシャットアウトする効果が期待できますね。

オーストラリアの先住民のアボリジニの人たちは、古くから万能薬として使っていました。アボリジニの人々はユーカリを「キノ」と呼び、古くから傷のまわりをユーカリの葉で巻いたり、高熱や伝染病の治療に使用していたと言われています。

現在でもメディカルハーブとしてのポジションです。

ユーカリは非常に生命力が強く生長も早い木で、根から土の中に有害物質を分泌して周囲の植物の生長を妨げて繁殖していく側面を持っています。。

ですから、鎮痛や抗バクテリアなどのほかに、消炎作用もあり、細菌の増殖や炎症をふせぐなど、その作用はどんどん発見されています。

また昔から、庭にユーカリの木を植えると蚊の繁殖がおさえられると知られています。

期待されるのは、気管支炎、インフルエンザ、鼻粘膜炎症、鼻腔炎など色々です。

そして、スッキリとした清潔感のある香りは、憂鬱な気分をすっきりさせ、
さらに不安や心配を取り除く精神的な作用があると言われています。。

薄めずにそのまま使えますので、気になるところに塗りましょう。

子供や敏感肌のひとには、キャリアオイルに1:1に薄めて、

ご使用ください。室内にスプレーしたりしますと、虫除けにもなります。

オイルをティッシュやコットンにしみこませて、置いておくのもいいですね。
香りの成分がお部屋の空間に広がり、抗菌作用を発揮します。
広いオフィスではディフューザーがいいですね。
部屋の広さに応じて試してみてくださいね。

ユーカリプタスの成分の62~72%を占めるシネオールは、
抗菌力を発揮するため蒸気吸入などを使用すると、
肺の奥までいきわたり風邪などを緩和してくれます。

※<注意>
妊娠中のかたは慎重にお使いくださいね。

高血圧症やてんかんの持病がある方は使用しないほうが良いかも。

風邪・花粉症など抜群の効果 “ティーツリーオイル” がスゴイ

ユーカリの他にも風邪予防に人気の精油があります。
それは「ティートリー」です。

ティーツリーオイルはオーストラリアに自生する植物である
TEA TREEの葉を水蒸気蒸留することで得られる100%天然のエッセンシャルオイル(精油)です。

ティーツリーオイルには優れた特性があり、
大昔からアボリジニに伝統のオイルとして伝わっています。

(お茶の木)と いう名前は、キャプテンクックがオーストラリア大陸に初めて上陸したとき、アボリジニがこの木を使って茶を入れて歓迎したことに由来するらしい。

アボリジニは古くからティートゥリーを万能薬としてあらゆる体の不調に用いてきたそうです。
現在でも、オーストラリアの家庭の救急キットとして人気があるようですね。

ティートリーは、強い抗菌、抗ウイルス作用が期待できます。
ユーカリよりも香りがやわらかいので、好みによりティートリーを選ぶのもいいですね。

方法はコップに半分くらいの熱湯を注ぎ、ティーツリーオイルを1~2滴落として
湯気を吸います。
のどや鼻に刺激的な香りの湯気をいっぱいに吸い込むと、
リラックスもできますし気分いいですよ。

 

「参考記事」「ドテラ」のアロマはなぜダイエットや脂肪の燃焼に効果的なのか、ライザップのデータを検証?!

 

※以下のことを守って使用しましょう。

原液オイルを飲むことは絶対に行ってはいけない
濃いものを耳に使ってはいけない
外用する場合は薄めた物であっても事前のパッチテストを行う
子供の場合ボディーソープなどのような全身への使用は避けてください。

発熱を伴う風邪に効果的なドテラのレモン

熱が出てしまったら「レモン」の出番です

風邪をひいてしまい、熱が出てしまったら「レモン」の出番ですね。

「レモン」の精油には抗菌作用や抗ウイルス作用があることはもちろん、
免疫力をアップさせる効果があります。

レモンはミカン科に属し、抽出部位は果皮となります。

また、「レモン」の精油の含まれている「d-リモネン」には
リラックス効果があるので、固くなった筋肉をほぐしてくれる効果もあります。
「レモン」は生活になじみがあるため使いやすい精油の一つですね。

”気化したレモンの精油は黄色ブドウ球菌を3時間で殺菌し、腸チフス菌を1時間で殺菌し、髄膜炎菌については15分で殺菌がある”

とフランス人医師ジャン・バルネは指摘しています。

熱が出てきたと思ったら、、ルームスプレーやティッシュに含ませて
香りを寝室に漂わせてください。ゆったりとした気分で眠ることができますよ。

レモンの消毒特性が咽喉痛、せき、かぜを改善する、体温を下げる作用もあるので、

発熱を伴う風邪に効果的と考えられています。

人気のドテラのアロマ「ラベンダー」の効能とは

「ラベンダー」ポピュラーで人気があるな精油です。

ラベンダーの和名は、らわんでる。(笑)

また、ラテン語で「ラワーレ」は洗うという意味があります。

そのままの意味で、古代ローマ人は消毒作用から傷の洗浄や沐浴時に浴槽にラベンダーを入れていたと言われています。

中世ヨーロッパでは、伝染病の予防に教会や自宅の床にラベンダーが撒かれたそうです。

人気だけではなく、「ラベンダー」にも抗菌作用・殺菌作用・抗ウイルス作用があり、
ご存知のように心をリラックスさせる効果も含まれています。

また、癖のない万人向けの香りがするので、
あまりアロマになじみのない方にも使いやすいでしょう。

そこで、風邪気味のとき、ラベンダーのアロマバスはどうでしょうか。

湯船にラベンダーを1~5滴くらい入れてよくかき混ぜます。
お風呂の蒸気でラベンダーの香りを十分に楽しむことができますよ。

「ラベンダー」の一味違う使い方

精油は作用が高いため直接皮膚に塗ったり、飲用することは禁止されているものがあります。
しかし、一部の説では、「ラベンダー」と「ティートリー」に関しては、
直接肌に付けることができるとされています。

頭が痛い時に、こめかみや首筋に直接「ラベンダー」の精油を擦りこんだり、

風邪のひき始めにデコルテや首の部分に精油を付けることで、症状が改善するとも言われています。

このような使い方は、パッチテストとして、身体になにか違和感が生じたときはすぐに使用を止めてください。
精油は毒にも薬にもなります。正しい使い方を心がけてくださいね。

通経作用があるので、妊娠初期は使用しないほうがよいでしょう。

 

※ラベンダーの治療効果は古くから認められていましたが、ラベンダー精油の薬理効果が再発見されたことにより現代のアロマテラピーは成立したと言われています。

そのほかにもあるの?

上記の精油以外にも、風邪にともなう吐き気や下痢には

消化器系に効果がある「ぺパーミント」や、

血行促進を促す「マジョラム」も風邪に効くアロマの一種です。

ドテラのアロマは自然の植物から抽出した精油で、心と身体を癒してくれます。
ほんの少しアロマを生活に取り入れることで、意識せずに身体に作用していきます。

今年の冬は家族のためにも、ぜひアロマの効能を利用して風邪対策を行ってみてくださいね。

 

ドテラのアロマの使用法

【芳香浴】

・マスクやハンカチ、ティッシュに1,2滴たらして持ち歩く
・アロマランプやディフューザーで2~4滴たらしてお部屋に香らせる

【入浴】

・40℃~42℃のお湯に2~4滴たらしてよくかき混ぜてから入りましょう
短時間で上がり、早めにベッドに入りましょう
(天然塩30gにエッセンシャルオイルをたらしてよく混ぜてから入れてもOK)
【うがい】

・カップにティートリーを2、3滴入れ、あついお湯をそそぎます
カップに顔を近づけ目を閉じゆっくり呼吸をします。水を加えぬるくしてうがいをします。
【冷湿布】

・頭痛も伴うかぜに
洗面器に冷たい水を入れ、エッセンシャルオイルを2、3滴おとしてタオルを浸し、
固く絞っておでこや目の上にしばらく置くと痛みが緩和されます。

 

 

アロマテラピストが使用する高級グレードアロマを安く手に入れる方法

 

安全なクリック先です。 安心してクリックください。

長期投資と、デイトレードの両方で利益を出すためのビットコイン投資法を公開します。

 

 

ネット教材プレゼント!!

登録はいつでも解除できますので、安心してご登録ください。

-最新ビジネス

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.