仮想通貨

【仮想通貨】「ICO」とは一体何なのか?そのメリットと問題点をわかりやすく解説してみた。

投稿日:2017-12-14 更新日:

 

2017年〜2018年は「ICO」が花盛りとなるでしょう。

世界的にも相当盛り上がってますし、これから日本でも「COMSA」がやってきます。

 

ICO予定のプロジェクトがまとまっているサイトはいくつかあります。これらが使いやすいでしょうか。

クリプトコインポータル

ICO Calender

ICObench

ICOrating

Coinschedule

ICO Tracker

TokenTops

Foundico.com

ICObazaar

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ICOって一体なんなの?

そもそもICO(トークンセール)とはなんなのでしょうか。

現在、仮想通貨は何千種類もあり、今も日々増え続けていると言われています。

その理由がICO(トークンセール)にあるのです。

 

ICOとは「Initial Coin Offering」の略です。

ICO(トークンセール)とは、企業が資金調達を行うために独自コインを発行して

世界中の一般投資家から仮想通貨で出資してもらい、一定基準を満たすことで

仮想通貨取引所で独自コインを売却して資金調達を行う手法のことです。

株式ではなく、自分たちが作った「独自のコイン」を発行するところが

従来のIPO(新規株式公開)と違う点です。

ICOは世界中の誰からでも出資を受けることができるのです。

最近、ICOで3日で100億が集まったという事例もありました。しかし、基本的には少額を集めるのに向いている方法のようです。

「ICO(initial coin offering)」

別の表現で「トークンセール」とも言われます。まぁ、どちらも同じだと思っていいでしょう。

 

IOCを分かりやすく、違う表現をすると、資金調達の民主化の方法であるともいえます。

どういうことか。例をとりますね。

例えばあなたはベンチャー企業の経営者だったとします。

あなたは、世の中を変えるすばらしい商品を発明しました。

そこでこの製品を開発し、売り出すためには「原資」が必要です。

ざっくり見積もって、50億円。もちろん、まだ製品は手元にありません。

こういうとき、あなただったらどのようにしてお金を調達しますか?

 

従来は「ベンチャーキャピタル(VC)」を利用することが一般的でした。

金額によっては「銀行」から借りるやり方もありますね。

 

でもまぁ、VCや銀行からの調達って、リスクがあるじゃないですか。

VC使うと、貴重な会社の「株式」を提供することになるし、

銀行融資はそもそも「借金」ですし。

ヴェンチャーキャピタルにわざわざプレゼンして説得するのも大変ですしね……。

 

そこで選択肢になるのが!

「ICO」なのですね。これは、まったく新しい資金調達の手段なのです。

逆にいうと「ごく一部の人しか有望なベンチャー企業に投資できなかった」という、

今までが変だったともいえます。新しいシステムが、資金調達を民主化したとうことが出来ますね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ICO(トークンセール)のメリットとしては?

①簡単に資金調達できるのだが。。

法的なルールが未整備のため、既存の資金調達プロセスよりもはるかに簡単でに資金調達ができます。

 

②世界中のどこからでも、誰でも投資できる

プロジェクトの構想やコンセプトをまとめた「ホワイトペーパー」を公開すると

技術的には誰でも仮想通貨を利用して資金調達が可能です。

 

③資金調達のコストも低くてすむ

従来は証券会社に手数料を払って売ってもらうという手順があったり、

会社についての説明を投資家に理解してもらえるように出す必要がありました。

ICOはネット上で手続きができるため、手数料などもいりません。

 

またICOはIPO(新規株式公開)と似ていますが、決定的に違うところがあります。

それは、仮想通貨を購入した投資家がプロジェクトや会社に対して議決権を持たないというところです。

我々の立場でいえば、今は「誰もがベンチャー投資家になれる時代」ともいえるでしょう。

有望な企業や個人が発行するコインを購入することで、彼らに資金を提供することができる。そのお金で、彼らは製品を開発する。

で、彼らの製品が大成功すれば、あなたが最初に買ったコインは高い価値を持つ。

世界中の企業やNPO、そして個人がICOを始めたら、富の総量は爆発的に増加する可能性があります。

2017年だけで既に20億ドル以上の資金がICOによって調達されています。

日本初の本格的ICO案件が出てきました!その名は「COMSA」。

ただし、ICOには問題もあります。

 

IOCの問題点とは?

まずは法整備。

ぼくが知る限り、日本においてはまだ議論が進んでおらず、制度も整っていません。

日本発のICOがないのも、これが原因なのかも。海外に法人つくってICOするのが早いんでしょうね……。

また、詐欺的なコインもあると思われます。

最悪の場合、調達してそのまま逃亡することもできちゃいます。

詐欺の意図がなかったにせよ、競合に負けてしまったり、開発に失敗することだって、

あります。ICO投資はかなりリスクが高いと思った方がいいでしょう。

しかし長い目で見れば、ブロックチェーン、スマートコントラクト、そして新しい通貨は、まだまだ社会に浸透していきます。むしろ「これから」の段階ですから。

個別の銘柄の未来はわかりませんが、市場規模全体は成長していくでしょう。

しかし、安全にいくなら、純粋に投機が目的なら、普通に「coincheck」「Poloniex」あたりでアルトコイン買えばいいと思います。

低リスクとまではいいませんが、ICOコインよりはいいと思います。

安全なクリック先です。 安心してクリックください。

長期投資と、デイトレードの両方で利益を出すためのビットコイン投資法を公開します。

 

 

ネット教材プレゼント!!

登録はいつでも解除できますので、安心してご登録ください。

-仮想通貨

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.