成功マインド

あなたが「ひとこともしゃべらないのにできる人間関係の構築法」とは?

投稿日:2017-12-18 更新日:

あまりにも簡単な方法です。

 

ひとりで試すことができますが、非常にパワフルです。

 

「しゃべらないのにできる人間関係の構築法」です。

 

あなたは仲間に入りたいと思いながら

勇気が出ない時がありませんでしたか?

 

なんとなく嫌われているのではないかと

疑心暗鬼になったときがありませんでしたか?

 

もうちょっと人間関係を築くのが、うまかったら

人生変わっていたかも?と思ったときがありましたか?

 

仲間になかなか入れないというのは、

お互いの無意識の中に

【敵意シグナル】としての認識が存在しているからです。

 

来年からの後悔する人生にサヨナラできるテクニックを

お知らせします。

 

答えを言うと

ミラーリングです。

NLPの技術ですね。

 

ミラーリングとは相手の動作を真似ることです。

簡単です↓

ミラーリングとは、相手の身振りや動作を鏡合わせのように真似ることです。

この際、「注意しなければならない」のは、猿真似と思われるくらい、

あからさまにぴったりと合わせるわけではないということです。

 

相手が手を上げたからすぐに手をあげるというのはなく、

少し時間をずらしてから手を似たような方向に上げるという程度で充分ミラーリングの効果が得られます。

※コツ 少し時間をずらす

 

反対に、相手と全く同じタイミングで同じような動きを行うと、

相手に違和感を感じさせ、不信感を与えてしまうので、注意が必要です。

 

合わせていくものは、相手の姿勢や座り方、見振り・手振り、表情などです。

相手が前のめりで話をしている際は、聞く側も前のめりで話を聞く。

それによって、相手と同じテンションで話を聞いていることを表現することができます。

 

相手が悲しそうな表情をした際は、こちらも悲しそうな表情で返す。

ミラーリングとは、相手の感じている感情を見た目の動作や姿勢、表情を真似ることで、聞き手が話し手を理解する手段にもなるものです。

 

もちろんミラーリングを行うことで、相手とのラポール(信頼関係)を築くことができます。

 

これを行うことがなぜそんなに大切なのか?

まずは相手を観察しないと、ミラーリングはできないからです。

 

よく言われます!

 

「愛の反対は憎しみではない。無関心だ!」と。

 

であるなら、ミラーリングとは「愛」です。

なぜなら、相手を観察しないと、ミラーリングはできないからです。

 

行動を真似するには、それを観察しなければできません。

観察すれば、相手の心情が理解できます。

理解すれば、相手とあなたは同調するのです。

 

ミラーリングとは「愛」です。

ミラーリングとは「観察」です。

 

だから、ミラーリングできる人は「信頼できる」のです。

同調することがなぜ、魅力的に見えるのか?

 

それは

「We」の関係になれるからです。

 

「We・私たち」ですね。

 

なぜ、「We」の関係になれることがそんなにもいいのか?

 

「敵の敵は味方」です。

敵をともにやっつける仲間は、とても頼もしく見えます。

 

人間は猿から進化しました。

そして動物の世界で「仲間」とは、同じ敵を持つ生き物を

言います。

 

だから、本能的に「We」の関係になれることは

とても頼もしく見えるのです。

※本能の世界(無意識)には、「We」の関係と

「敵」しかない、中間はない。

 

そのために練習すべきは、ミラーリングです。

 

※ミラーリングの効果

アメリカの文献からの引用です↓

 

ミラーリングを行っても、たいてい相手はそれと気づかない

というのは、脳はそれを正常な行動と認識するからだ

しかしミラーリングを全く行わない相手を見ると

脳はその相手の動きを【敵意シグナル】として

認識してしまうのだ

 

仲間になかなか入れないというのは、

お互いの無意識の中に

【敵意シグナル】としての認識が存在しているから

なのでした。

 

安全なクリック先です。 安心してクリックください。

長期投資と、デイトレードの両方で利益を出すためのビットコイン投資法を公開します。

 

 

ネット教材プレゼント!!

登録はいつでも解除できますので、安心してご登録ください。

-成功マインド

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.