お役立ち記事 仮想通貨

仮想通貨「 ICO」(未公開プレセール)情報をこっそり知る方法。そしてIOC「トークン」とは一体何?

投稿日:2017-12-20 更新日:

今皆さんが気になるのがなんと言っても未公開時の仮想通貨を購入することですよね?

今回は、未公開の仮想通貨の情報を知る方法になります。

未公開プレセールの仮想通貨(ICO)とは一体何だ?

仮想通貨は基本、取引所とよばれる場所にて、一般の人が取引していますね。

しかし、仮想通貨は、取引所に公開される前(株式でいう上場前のIPOみたいな))に資金集めとしてクラウドファンディング(クラウドセール)にて資金集めを行うことがよくあります。

 

クラウドファンディングで資金を募る時、見返りがその仮想通貨になるので、その時にもらえる仮想通貨は未公開の通貨ということになります。(なので未公開の通貨を購入したことと同じ意味になります)

 

現在、この未公開仮想通貨の購入のことは株のIPO(Initial Public Offering)になぞらえて、ICO(Initial Coin Offering)と呼ばれています。またはプレセールという呼び方もされま
す)

つまり未公開の仮想通貨を購入できれば、基本的に一番最安値の時に仮想通貨を購入することができる、ということで注目が集まっているわけです。

仮想通貨 未公開プレセール(ICO)予定情報を知る方法とは?

未公開仮想通貨のプレセール情報を発信しているサイトを紹介していきま
す。

私がおすすめなのは、☆COIN JINJA ですね (^^)v

 

cryptocurrencymagazine

CRYPTO COIN PORTAL

☆COIN JINJA

Coin Schedule

(COIN NINJAは現在、ICOプロジェクト は1178件あります)

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

そもそもICO『トークン』とは、何か

実はきちんとした定義はないようです。要は「代替貨幣」といったところです。

仮想通貨は全部大体貨幣のようなもので、これは仮想通貨でこれはトークンという厳密な
わけ方は出来ないのです。

では、なぜ『ビットコイン』や『イーサリアム』と呼ばれる仮想通貨があったり、『Zaifトークン』と呼ばれる仮想通貨があるのかというと、それは技術的な問題です。

基本的に、仮想通貨はあくまでブロックチェーン技術の副産物的なものです。

というのも、『イーサリアムというブロックチェーン技術を使った仮想通貨がETH』であり、『NEMというブロックチェーン技術を使った仮想通貨をXEM』と名付けているだけなのです。

独自のブロックチェーン技術(分散台帳技術)で作った仮想通貨は、
『イーサリアム』だの『リップル』だのと呼ばれ、すでに公表されている既存のブロックチェーン技術をそのまま使って作った仮想通貨を『トークン』と呼ぶことが多いです。

一般的にトークンといえば、独自技術ではなく既存のブロックチェーンシステムから作
った仮想通貨というように考えれば分かりやすいと思います。

 コインチェックで取引してみよう
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-お役立ち記事, 仮想通貨

error:

Copyright© 「仮想通貨」で初心者が稼ぐ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.